惑星探査チャンスボイジャーなどについて勉強した

惑星などについて稽古しました。指輪の高低は全体として約7万kmありますが、厚さは約200m下部だ。こういう指輪は、地球から見ると数値媒体にしか見えませんが、惑星精査機により何千という夥しい微細な指輪に分かれていることが発見されてある。天王星は、望遠鏡を使って1781年頃に発見されました。また、1977年頃に天王星が生じる恒星の先を通りすぎたタイミング、指輪が発見されました。天王星の自転センターは公転面に対して90°以上傾いていて、多分横倒しになっています。仮面はメタンによる吸収の結果青白く思え、製図はほとんど見られません。海王星は1846年頃に発見されました。1989年頃にボイジャー2号が行った精査では、海王星の仮面も天王星と同じく青色で、縞製図や黒斑が見られ、熱く大気が動いていることがわかりました。また、指輪も確認されました。このようなことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったなと思いました。キレイモ カウンセリング

惑星探査チャンスボイジャーなどについて勉強した